実在しない芸能ニュース

全部ウソです。

石原さとみ、短冊の願いは「最強のカレーを食べる」

 女優の石原さとみ(37)が主演を務める映画「深夜の公園」(今野次郎監督、10月16日公開)の七夕記者会見が7日、東京都内で開かれた。紫色の浴衣で登場した石原は、共演した矢本悠馬(33)、監督の今野次郎(48)らとともに登壇。七夕の願いについて尋ねられる一幕があった。

 

 この日は七夕になぞらえて、「あなたの七夕の願いは?」というテーマでトークを展開。各自が配られた短冊に、七夕の願いを記していった。今野監督は「私は立場上、これで……」と『満員御礼』と書かれた短冊を見せると、続いて石原は「最強のカレーを食べる」という願いを書いてみせた。

 「少年のような願いですね」と矢本に笑われた石原だったが、この願いになった理由について尋ねられると、「なんか最近カレーにハマっていて。それでここ数ヶ月、美味しいカレーをたくさん食べてきたんですよ。ただ”ダントツで1位”のカレーにはまだ出会えていないのかな」と告白。今野監督も「たくさん食べちゃうと、ダントツっていうのは余計に難しそうですね……」と反応した。

 

 一方で「良い趣味を見つける」と書いた矢本は、「僕もカレー食べようかな」と同調。石原が「私のリスト送りますよ。50件くらいあるんですけど、日に3食ずつ取れば1ヶ月で全部回れます」と言うと、「それって趣味なのかな……?」と困惑した表情で返答した。

芦田愛菜が昨日見た夢は「広大な草原を歩いた」

★★

夢日記アプリ「TEPIR」とのコラボ記事

 

Q. 昨日あなたが見た夢は?

 

A. 広大な草原を歩いていました。

どこまでも続く青々とした草と、澄んだ青空、そして遠くに見える山々。その景色はまるで絵画のようでした。夢の中とは思えないほど鮮明で、心地よい風を感じることができました。

 

しばらく歩いていると、小さな村にたどり着きました。村人たち皆、明るく親切で、私を温かく迎えてくれました。村人たちと話をしていると、誰もが夢を持っていることに気づきました。子供たちは将来の夢を語り、大人たちはそれぞれの目標に向かって努力していました。

私もいつの間にか、自分の夢について語り始めていました。それは、これまで考えたこともないような夢でした。しかし、夢を語るうちに、それが実現可能であるような気がしてきました。

 

村人たちと別れ、再び草原を歩き始めた私は、夢に向かって一歩ずつ進んでいく決意を固めました。

夢から覚めた後も、その感動はしばらく続きました。夢は時に、人生の指針を与えてくれることがあります。昨日見た夢は、まさに「夢は見るものじゃなく、叶えるもの」ということわざを体現しているようでした。

 

回答者:芦田愛菜(女優)

伊達みきおが昨日見た夢は「スイカ畑の真ん中に立つ」

★★

夢日記アプリ「TEPIR」とのコラボ記事

 

Q. 昨日あなたが見た夢は?

 

A. イカ畑の真ん中に立っていました。

イカはどれも大きくて美味しそうで、思わずよだれが……。すると、どこからか声が聞こえてきました。

「そのスイカ、好きなだけ持って帰っていいよ。」

振り返ると、そこには見覚えのない老婆が立っていました。老婆はニコニコと笑みを浮かべ、こう続けました。

「ただし、一つだけ条件がある。そのスイカを割ったら、二度と元には戻らない。」

私は老婆の言葉を信じて、一番大きなスイカを選びました。そして、地面に思いっきり叩きつけました。すると、スイカは鮮やかに割れ、中から真っ赤な果肉が溢れ出しました。

私は夢中でスイカを食べ始めました。今まで食べたことのないほど甘くて美味しかったです。しかし、食べ進めるにつれて、だんだん不安な気持ちになってきました。老婆の言葉が頭をよぎります。

「そのスイカを割ったら、二度と元には戻らない。」

夢から覚めた後も、その不安な気持ちは消えませんでした。もしかしたら、あのスイカは私の未来を表していたのかもしれません。

これからの人生、どんな選択をしても、二度と元には戻れない。その覚悟を持って、これからも歩んでいかなければならないと感じました。

回答者:伊達みきお(お笑い芸人)

ベッキーが昨日見た夢は「空を飛ぶ巨大な金魚に乗る」

★★

夢日記アプリ「TEPIR」とのコラボ記事

 

Q. 昨日あなたが見た夢は?

 

A. 空を飛ぶ巨大な金魚に乗っていました。

金魚は鮮やかな朱色で、大きな尾びれを優雅に揺らしていました。まるで夢枕に立った金太郎のように、私は金魚の背中にしっかりとしがみついていました。

しばらくすると、金魚は雲の上へと飛び上がり、眼下に広がる景色はまるで水墨画のようでした。どこまでも続く山々、どこまでも続く海、そして小さな村々。まるで別世界に迷い込んだような感覚でした。

 

しかし、その平和な時間は長くは続きませんでした。突然、巨大な竜が現れ、金魚を襲い始めたのです。金魚は必死に抵抗しましたが、竜の力は圧倒的でした。

絶体絶命のピンチに陥った私は、咄嗟に金魚から飛び降り、竜の背中に飛び移りました。そして、竜の角を思いっきり引っ張ったのです。「弱虫は嫌いだ!」と叫びながら。

竜は驚きと痛みで鳴き声を上げ、空から落ちていきました。私は地面に落下する直前、何とか地面を踏みしめ、着地したのです。

 

回答者:ベッキー(タレント)

宮沢りえ 母の日に娘特製のいちごタルトで感激

 女優の宮沢りえ(50)が12日に自身のInstagramを更新。娘お手製の「いちごタルト」に感激した様子を綴った。

 

 2009年に生まれた宮沢の長女も、今年で15歳。母の日を迎えた今日、前日に作ったというお手製のいちごタルトをプレゼント。宮沢は、

「もう本当に感激です!遅くにコソコソとなにかやっているなと言う感じはしたのですが、まさかタルトを作っていたとは……!夜食でも食べているのかと思いました。コソコソとタルトを作られてしまう、監視体制ゆるゆるな我が家です。#愛する我が娘#私の涙腺もゆるゆるです」といったコメントも添えつつ、真っ赤に光る鮮やかなタルトの画像を投稿した。

 

 投稿を見たフォロワーからは「わー美味しそう!」「素敵すぎる娘ちゃん……」「タルトってコソコソ作れるものなの!?w」といった声が集まったほか、仲里依紗からは「私にも1ピース下さい!」というコメントが寄せられた。

上映館数も"3倍"、話題作『趣味は読書』のトークイベント開催

 映画「趣味は読書」(河野シューリー監督)の大ヒットを記念したトークイベントが6日にお台場アクアシティで行われ、主演の鈴木梨央(19)と監督の河野シューリー(42)が出席した。

 

 本作は、小説家の綿矢りさによる同名の小説が原作。話の話題になるような”キャッチーな趣味”がないことに悩む主人公・二宮すみれのゴールデンウィーク中の出来事が綴られている同小説が、河野監督の手によってコメディ調で描かれている。公開前から映画通からは話題を集めていたが、公開当初の上映館は50館のみだった。そこかから公開されるや否や反響を呼び、5月1日時点で150館と急速に拡大した。

 

 イベントでは監督の河野が感謝を述べるとともに、「梨央ちゃん(鈴木梨央)が主演なら絶対に50館は少ないって私は言ったんですよ」とアピール。鈴木が謙遜しながら「どれくらいだと思ってました?」と聞くと、ニヤつきながら「……80館くらいかな」と回答。会場が笑いに包まれる中で、「いや監督が無名だからさ」と言い訳をした。

 

 また、イベント内では原作者の綿矢りさからのビデオメッセージも流れた。本当はイベントに参加したかったという綿矢だが、参加しなかった理由について「お台場って乗り換え多いんですよね」と恐縮気味に告白すると、鈴木と河野は大爆笑。河野は「次は新宿辺りでやりましょう」と第2回の開催にも意欲を示した。

綾瀬はるかが昨日見た夢は「北斎から絵を学んだ」

★★

夢日記アプリ「TEPIR」とのコラボ記事

 

Q. 昨日あなたが見た夢は?

 

A. タイムスリップして、江戸時代の京都にいました。

途中、有名な浮世絵師の葛飾北斎と出会い、彼の絵を見せていただきました。繊細な筆遣いと鮮やかな色彩に、思わず目を奪われました。北斎さんから絵の指導を受け、私も筆を握ってみたのですが、思うように描けず、悔しい思いをしました。

夢の中ではほんの数時間だったように感じましたが、目覚まし時計を見ると、すでに朝になっていました。夢の余韻が残る中、北斎さんから絵を学ぶ夢は、私に大きなインスピレーションを与えてくれました。

これからも、女優として様々な役柄に挑戦していく中で、夢で感じた感動や学びを活かしていきたいと思っています。

回答者:綾瀬はるか(女優)

【明日のサザエさん】マスオ、超能力に目覚める

〈★★5月5日(日)午後6時30分、フジテレビ系で放送〉

 

マスオ、記憶喪失

 いつもの通勤途中に、ひょんなことから事故に遭ってしまうマスオ。幸い命に別状はなかったものの、なんと記憶喪失になってしまう。サザエや家族のもとに帰ってきたマスオだったが、自分が誰なのか、家族との思い出も全て忘れてしまっていた。

 

 磯野家で大切に保管されていた、家族の写真や過去のビデオテープなどを見て、マスオは少しずつ記憶を取り戻していく。そして、サザエや家族との温かい思い出を思い出し、涙を流しながら家族を改めて抱きしめる。この出来事を通して、家族の絆の大切さを強く実感するのであった。

 

サザエ、幽霊になる

 ある日、カツオとワカメが遊んでいるボールが、なんとサザエの頭に当たってしまう。病院に運ばれたサザエだったが、意識が戻らず、心停止状態に。しかし、不思議とサザエの霊は成仏できずに、磯野家にとどまっていた……。

 

マスオ、超能力に目覚める

 いつも通りの仕事帰り、突然頭に電気が走るような感覚を覚えたマスオ。なんと、それからマスオはスプーンを曲げたり、人の心を読むことができるようになっていた!マスオは、超能力に目覚めたことをサザエに打ち明ける。

 

 最初は驚いていたサザエだったが、マスオの超能力がちょっとした日常のトラブルを解決するのに役立つことも知り、応援することに。しかし、マスオは次第に超能力に頼りすぎるようになり、家族とのコミュニケーションがおろそかになってしまう。

 

 超能力の限界を知り、家族の大切さを改めて実感したマスオは、超能力に頼らず、自分の力で問題を解決しようと決意する。超能力は消えてしまったが、マスオは家族との絆を取り戻すことができたのであった。

山田孝之が昨日見た夢は「西部警察に出演」

★★

夢日記アプリ「TEPIR」とのコラボ記事

 

Q. 昨日あなたが見た夢は?

 

A. 西部警察」で渡哲也さんと共演していました。

夢の中で私は、人気ドラマ「西部警察」の舘ひろしさん演じる柴田純刑事の部下という設定。渡哲也さん演じる石原裕次郎さんは、今回の事件の重要参考人として登場しました。

 

撮影現場は、東京湾に浮かぶ豪華客船。渡哲也さんは、真っ白なスーツに身を包み、圧倒的な存在感を放っていました。私は緊張しながらも、渡哲也さんから刑事としての心得を丁寧に教えてもらいました。

 

印象的だったのは、渡哲也さんが発した「役者はセリフだけでなく、背中で語るものだ」という言葉です。その言葉通り、渡哲也さんは一言一言に重みがあり、背筋が伸びるような思いでした。

 

夢から覚めた後も、渡哲也さんの熱演が鮮明に思い出されます。いつか私も、渡哲也さんのように、演技を通して人の心に訴えかける俳優になりたいと思いました。

 

夢とはいえ、渡哲也さんと共演できたことは、私にとって貴重な経験となりました。これからも精進を重ね、いつか必ず夢を実現したいです。

回答者:山田孝之(俳優)

【明日のサザエさん】カツオ、ロボットになる

〈★★4月28日(日)午後6時30分、フジテレビ系で放送〉

 

カツオ、ロボットになる

近所の科学少年、イクラちゃんが作った小型ロボットが、カツオにぶつかって故障してしまう。イクラちゃんは修理を試みるが、不幸にもロボットの制御回路がカツオの脳波とリンクしてしまう。

 

ワカメの探偵業

ワカメのクラスで、大切な物が次々と盗まれる事件が発生する。探偵の役目を担ったワカメは、犯人がクラスの人気者だったことを突き止める。犯人は、目立ちたがり屋の性格から、クラスメイトの注目を集めるために盗みを働いていたことが判明する。果たしてワカメの”選択”は……?

 

サザエ、世界を救う

 いつものように買い物に出かけたサザエは、突然現れた謎の宇宙人に声をかけられる。実は地球は、宇宙征服を企む悪の軍団によって滅亡の危機にあったのだ!そして、宇宙人は、地球を救うことができるジェダーウイを探していたという。

 

 最初は戸惑っていたサザエだったが、家族や街の人々のために戦うことを決意する。サザエは持ち前の明るさと機転で、宇宙人の力を借りて悪の軍団を退ける。地球は平和を取り戻し、サザエは地球の救世主として人々に称えられたのであった。

 

星野源が昨日見た夢は「巨大な金魚鉢の中にいた」

★★

夢日記アプリ「TEPIR」とのコラボ記事

 

Q. 昨日あなたが見た夢は?

 

A. 巨大な金魚鉢の中にいました。

金魚鉢は東京ドームくらいの大きさで、中には色とりどりの金魚が優雅に泳いでいます。その金魚たちは、なんと人語を話していたのです!金魚たちは私に、人生の真理について語り始めました。「人生は川の流れのようなもの。常に変化し、決して同じ場所には留まらない。」「大切なのは、今この瞬間を生きること。」

 

金魚たちの言葉に耳を傾けているうちに、私は金魚鉢の底から浮き上がり、空を飛んでいることに気づきました。そして、私の周りには、空飛ぶ寿司が飛び交っていました!寿司はまるで戦闘機のように宙を舞い、ぶつかりそうになると、華麗な宙返りで回避します。私はその光景に圧倒され、思わず笑ってしまいました。

 

しばらく空を飛んでいると、突然目の前に巨大なマグロが現れました。マグロは口を開け、私を飲み込もうとします。

「わっ!」

私は恐怖で目を覚ましました。目が覚めても、まだ夢の余韻が残っていて、心臓がドキドキしていました。

回答者:星野源(歌手 / 俳優)

【明日のサザエさん】ワカメ、植物学会に”喝”

〈★★4月21日(日)午後6時30分、フジテレビ系で放送〉

 

ワカメ、お絵描きで大発見

絵を描くことが好きなワカメ、公園でスケッチをしていると、偶然、見たこともない花を見つける。その花は、まだ誰も発見したことのない新種だった。ワカメの発見は、植物学界で大きな話題となる。

 

マスオ、風邪でダウン!?

風邪をひいてしまったマスオ。サザエや波平、カツオ、ワカメは、看病に励む。しかし、マスオの風邪はなかなか治らず、家族は心配する。

 

カツオ、クラス委員長に挑戦

クラス委員長選挙に立候補したカツオ。最初は軽い気持ちで立候補したが、次々と現れる危険な”刺客”達。容易と思われた選挙活動は熾烈を極め、人間が生み出す”闇”に飲み込まれたカツオの心は徐々に蝕まれていく……。

織田裕二がこれまでに見た「印象深い夢」を語る

★★

夢日記アプリ「TEPIR」とのコラボ記事

 

Q. これまでにあなたが見た「印象深い夢」は?

 

A. 東京湾に浮かぶ巨大な人工島に立っていました。

 周囲を見渡すと、高層ビルや商業施設はなく、緑豊かな自然が広がっていました。風力発電機や太陽光パネルが設置され、人々は自然と調和した生活を送っていました。子供たちは笑顔で走り回り、平和な空気が流れていました。

 

 しかし、そこには奇妙な光景も混在していました。空を飛ぶ巨大なクジラ、言葉を話す犬、そして二足歩行で闊歩する猫たち。まるで異世界に迷い込んだような感覚でした。しばらくその場所を探索していると、私は巨大な洞窟を発見しました。洞窟の奥深くには、光り輝くクリスタルが置かれていました。そのクリスタルに触れた瞬間、私は強烈なエネルギーに包まれたのです。

 

 目が覚めると、私は自宅のベッドにいました。夢だったのか、現実だったのか、判断がつきませんでした。しかし、夢の中で体験した感覚は鮮明に記憶に残っていました。その日から、私の周りで奇妙な出来事が起こり始めました。空から金魚が降ってきたり、電化製品が突然動き出したり、街中を謎の生物が徘徊したり。夢と現実の境界線が曖昧になっていくような感覚に襲われました。

 

 夢で見たクリスタルが、何か重要な意味を持っているような気がしました。私は、クリスタルの謎を解き明かすために、調査を開始しました。図書館で古文書を調べたり、夢で出会った動物たちと話をしたり、様々な方法で情報収集を進めました。その過程で、私は地球の未来を左右する重大な陰謀に巻き込まれていくのです。

 

 夢と現実が交錯する中で、私は真実へと近づいていきます。果たして、クリスタルに隠された秘密とは?そして、地球の未来は?夢か現実か、真偽は定かではありません。しかし、この体験が私の人生を大きく変えることは間違いないでしょう。

 

 これから私は、夢で見た世界と現実世界を繋ぎ、より良い未来を創造するために、全力を尽くしていく所存です。荒唐無稽な夢ではありましたが、それは私にとって希望の光となりました。未来は必ず変えられる、そう信じて疑いません。

回答者:織田裕二(俳優)

【明日のサザエさん】波平、社長に就任

〈★★4月14日(日)午後6時30分、フジテレビ系で放送〉

 

時空を超えるカツオ

古い骨董品店で買った懐中時計を触ったカツオは、過去にタイムスリップしてしまう。そこは戦後の混乱期。カツオはそこで出会った人々との交流を通して、平和の大切さを学ぶのだった。

 

マスオの海外転勤

マスオの会社で、海外転勤の話が持ち上がる。サザエと離れるのが寂しいマスオだったが、キャリアアップのため、転勤を決意する。しかし出発当日……。

 

波平、社長になる!?

波平の会社で、突然社長が倒れてしまう。後継者不在の中、波平が社長に任命される。会社経営の経験がない波平だったが、持ち前の明るさと人柄で社員たちをまとめ、会社を立て直していく。